1ヵ月で高得点を目指すTOEICテストの受験テクニックと勉強法
TOEICテストの受験テクニックと勉強法
TOEICテストの受験テクニックと勉強法

自信を持つこと

英語を使うシーンでは、相手の話をよく聞いて理解し、それに対して自分の意思や言いたい内容をしっかり伝えること(=相手に届く事)が大事と言われますが、相手に何度も聞き返されると、話す気持ちもなえてしまいます。相手が自分の言葉を英語と思ってくれない時には、心が折れ、何ヵ月も立ち直れません。 英語に自信がないと、曖昧な発音、ハッキリしない発声、自信のない態度、聞き返す勇気のなさ、意味不明な微笑み、どこまで理解していてどこまで理解していないか自分でもわからなくなる不安、長時間の会話や会議で次第に失われていく集中力・・・、などなど様々な思いや体の動きが重なって、自信喪失の悪循環にはまってしまいます。
しかし、それほどダメなわけではないのです。TOEICテストである程度スコアが取れれば、それは基礎力があるということです。それに英語がネイティブ並になることが重要なのではありません(よね?)。 英語を母国語としない人たちの話すことを聞いていると、それぞれその人の母国語の音に近い訛り方をしているように思います。でも、だれも恥ずかしがっていません。しっかり伝えることに重点があるからだと思います。 多分、私は日本語訛りの英語だと思います。でもそれでいいのではないかと思うのです。 できればきれいな発音がしたいけれど、私の目的は美しい発音で英語を話すことではありません。それよりも外国人と気持ちが通じ合えること、同じ言葉を使って会話ができることに喜びを感じることだと思っています。英語ネイティブの人々と会話をしている日本人を多く見てきましたが、みなとても日本語訛りの英語です。でもむしろ親しみが湧いて、温かく、日本人らしくていいと思えました。英語ネイティブの人たちも他の国の人たちもそれを笑ったりしません。
ある日ネイティブの人に「あなたが思っているほど、あなたは英語ができないわけではないのよ。」と言われました。この言葉はとても大きな自信になりました。たぶん英語に自信が無いと思っている人も同じだと思います。
『 正確に表現できる適切な単語を知らなくても、英語で言葉を交わすことはできるし、伝え合うことができる』、自分はそういう力を持っていると思うと、勇気がわいてきますね。だから、もっと自信を持っていいと思いました。 そして、もっと表現の幅を広げ、もっと多くの適切な言葉を自分のものにするために、日頃から英語に敏感になっていればよいと思いました。



オーストラリア留学の準備マニュアル