1ヵ月で高得点を目指すTOEICテストの受験テクニックと勉強法
TOEICテストの受験テクニックと勉強法
TOEICテストの受験テクニックと勉強法

管理人

TOEICテストを受験しようと思い立ったのは昨年の10月、はじめてのTOEICテストでした。一番近い受験日を申し込み、約1ヵ月の準備でテストに臨みました。結果900。中学2年に英検3級を受験して以来の英語テストでした。高校や大学受験でも本番になると緊張して、すぐお腹が痛くなるタイプです。それにいつも三日坊主なので、結果的に1ヵ月の短期準備が自分に合っていたようです。
受験される方はそれぞれの方法をお持ちと思いますが、模擬テストを繰り返していくうちに、TOEICテストでは時間の使い方、練習の方法によってスコアに大きな違いがでるのではないかと思い、まとめてみました。

時間切れで解答できない問題があってスコアが低くなってしまうことは、実力が反映されていないと思いますよね。 TOEICテストの側から見れば、おそらく最後の問題まで解答できるように試験時間を計算して設定しているのだと思います。その時間内で解答できないということは、読む力が足りなかったり、きちんと英語を理解していないために迷うことで時間を使ってしまうので、それも実力のうちであると言われるかもしれません。でも、せっかくテストを受けるのですから、せめて実力そのままをスコアに出して欲しいと願うのは私だけではないと思います。
ここにご紹介した方法で準備しましたところ、ちょうど時間内に最後の問題まで到達することができました。これから受験される方の実力が最大限スコアに反映されるように、一つの方法として参考にしてもらえればと思います。 頑張ってください!




オーストラリア留学の準備マニュアル