1ヵ月で高得点を目指すTOEICテストの受験テクニックと勉強法
TOEICテストの受験テクニックと勉強法
TOEICテストの受験テクニックと勉強法

受験目的と目標スコア

TOEICテストを受ける目的はなんでしょうか?
受験するひとそれぞれが抱いている目的によって目標とするスコアがある程度見えてくると思います。

就職に役立てる

楽天やユニクロなどの企業は海外展開を視野に入れた英語の社内公用語化を進めているというニュースがありましたね。就職希望者にとって衝撃だったと思います。 現在の日本企業の多くは海外との取引が増えています。価格競争と海外への工場移転、海外への業務委託が進む中、日本国内だけで企業は成り立たなくなっています。また企業が拡大していくには海外へ進出しなければなりません。もはや日本人に対する商品やサービスの提供だけでは企業は生き残れなくなっているのが事実だと思います。
このようなグローバル化への対応は、小学校からの英語教育や留学支援といった政府の動きにも見る事ができます。 英語はコミュニケーションの手段で、英語自体は道具です。テストで言えば筆記具のようなものだと思います。それが無ければテストを受ける事さえできません。そして、筆記具があってもテストの解答はできません。知識や考えが無ければ解答できないわけですが、同じように、社会では英語という道具を使って、どう仕事の中で自己実現していくかが求められていると思います。
従って、英語力を就職に役立てるというのはスタート地点に立つための基礎的な道具を持っていることを示すということです。その客観的指標として手軽な方法のTOEICテストが人気を集めていると思います。 一般的な評価から考えますと、就職に役立てるという意味では少なくとも600点、できれば700点くらい欲しいところでしょう。

仕事に役立てる

企業はTOEICテストによって英語力が正確にはかれるとは思っていません。しかし、TOEICテストによってある程度の基礎を持っているかどうかを知る事ができます。 その基礎の上に構築する英語の応用力が実際の現場で求められています。
最初から社員に即戦力を要求することは難しいことです。また転職者に即戦力を求めるケースを別にすれば、企業はそこまでは期待していません。 それぞれの事業分野で専門用語や必要とする英単語、英語パターンや定型文書、法的文書などが違いますから、それらはそれぞれの社員が仕事を通じて勉強し、習得しなければなりません。応用するためには基礎が必要です。入社後に基礎から勉強していては効率が悪く、前に進みません。ですから企業は最初の段階でなるべく高い基礎力を持ってスタートしてもらいたいと願うわけです。基礎があればそれぞれの分野の専門性を高めることは飛躍的に早くなるはずです。 このようにして、企業の設定している基準は社員に次のステップに進んでもらうための基準であることがわかります。 企業のほとんどの部署で英語を使うようですが、仕事で英語を使うと考えた場合、少なくとも800点、できれば860点以上ほしいところでしょう。



オーストラリア留学の準備マニュアル