1ヵ月で高得点を目指すTOEICテストの受験テクニックと勉強法
TOEICテストの受験テクニックと勉強法
TOEICテストの受験テクニックと勉強法

TOEICのルール

禁止行為

TOEICテスト公式サイトでは下記のような内容を禁止しています。
●試験会場への録音機・カメラなどの持ち込みまたは使用、その他試験問題の録音・録画・複写などにあたる一切の行為
●問題用紙・その他資材への書き込む(解答用紙の所定の記入欄を除く)行為
●方法の如何を問わず、試験教室から問題用紙・解答用紙を持ち出し、または問題内容を漏洩する行為
●カンニング行為、他の人物になりすまして(身代わり)受験する行為、試験中に援助を与えたり受けたりする行為、その他不正に受験し、または不正受験に関与したとみなされる行為
●試験開始前に問題文を見る行為または試験終了後に解答する行為
●リスニングテスト中にリーディングセクションの問題文を見る行為、またはリーディングテスト中にリスニングセクションの問題文を見る行為
●試験に対する妨害行為(暴力行為・器物破損など)
●方法の如何を問わず、再現(英語での再現に限らない)された試験問題の全部もしくは一部またはそれらの概要を、インターネット・テレビ・ラジオ・メール・文書・講義その他の手段を用いて不特定または多数の者が閲覧・視聴可能な状態に置く行為
(TOEICテスト公式サイトより)

メモできない

問題用紙にも解答用紙にも印やメモをしてはいけないと言われます。もしそのような痕跡がある場合は採点されないと説明されるはずです。後で消す事も出来ませんし、机に書く事もできません。 これは意外とキツいですね。 頭の中にメモ用紙(あるいは黒板)を置いて、使ったら消すという練習をしておくしかありません。 私は頭の短期メモリーの訓練をしてみましたが、すべて頭の中でやるよりも、自分の指や体を使って、体の場所に記憶を置くような感じで覚えたほうが簡単でした。

先読み

テスト中の設問の説明や例題の時間、次の設問までの余裕が出来た時間を利用して問題用紙を先の方まで読んでおく行為を差しています。 先に設問や解答選択肢を読んでおくことで、問題が放送される際にどこに注意して聞いておけばよいかわかり、放送されている最中に解答することができます。 このような先読みはリスニングの設問で、問題用紙に解答の選択肢があるPart 3とPart 4で行います。できれば、Part1の後半とPart2の余裕時間で先読みを始めるとよいでしょう。



オーストラリア留学の準備マニュアル